課金方法


台湾WLOの課金方法

・「My CARD」という課金専用のゲームカードをヤフオク、海外のゲームサイトなどで購入し、シリアルコードとパスワードをゲーム内で入力します。

・ヤフオクで出品しています。mycardをキーワードにして検索すると出てきます。かんたん決済を出品者が認めている場合でも、送金時にクレジットカードが使えないことがあります。ヤフオクは独自の送金システムのためPaypalは使えません。カード決済ができない場合は銀行振込になると書いている出品者もいるので注意。クレジットカード決済は相手の口座に入金まで4、5日かかることがあります。

・SEA GamerMall(シー・ゲーマーモール)はPaypal決済専用です。クレジットカード、デビットカードが使えます。(2017/12/15に追加しました)

*当サイトではゲームカードの購入、課金時のトラブルに関しては一切責任を負いません。自己責任において行ってください。代理購入など一切行っていません。

以下の画像はMyCardのイメージです。実物のこのようなカードは存在せず、日本のゲームマネーと同様、
MyCardの直販以外は、台湾でもコンビニで発券されますが、レシートなどの形でシリアル、パスワードなどが印刷されて発行されます。
wonder-nycard150.jpg;wonder-mycard500.jpg;wonder-mycard1000.jpg

このサイトでは、ヤフオク、SEA GamerMall(シー・ゲーマーモール)での購入ついて記載しています。これ以外の購入方法は、MyCard 購入、でサイトを検索してください。
ヤオフクは個人輸入の代行です。

購入方法

ヤフオクでの購入方法

ヤフオクで購入する場合のメリット、デメリット
○メリットは
・ヤフオクを使ったことがあれば、すぐ落札できる。
・出品者によっては平日の昼間なら、落札して送金してから2、3時間でシリアル、パスワードを送ってくる
ことがある。
○デメリット
・ヤフオクを使ったことがない場合、利用登録が必要。
・個人の出品なので詐欺のリスクがゼロではない。
・出品者によっては同じネット銀行から即時振り込みしても、土日祝祭日は対応していないことがある。
・銀行振り込みの場合振込先が限られている。但しyahooかんたん決済は振り込む銀行はどこでもOK。

2017年12月現在、1000ポイントのMyCardの高値は4700円で、最安値は4400円です。

ヤフオクは出品者が指定した銀行への振込の他に「Yahooかんたん決済」という方法が使えることがあります。
http://payment.yahoo.co.jp/
手数料は2015年12月から無料になりました。但し相手に送金されるのに1、2日かかります。すべての銀行、
ゆうちょ銀行から送金できますが、ゆうちょ銀行は3日ほど相手の口座に入金になるのにかかることがあります。

クレジットカードによる支払いは、yahooかんたん決済を使います。カード取引は出品者側に支払いのステータス
が「ヤフー審査中」になることがあります。Yahoo!Japanカードの場合は即時に出品者側に決済が行われ、
入金予定日が表示されますが、その他のカードは審査中になり、4-6時間かかることがあります。たいていの
通販や店舗での決済は数秒なのに、今更何をやっているのか言いたくなりますが、ヤフオクは過去にカードの
不正利用よる被害もあったのでやむを得ないのでしょう。
早く取引したいときは、出品者が指定した銀行に送金すればOKです。

http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?auccat=&p=MyCard&tab_ex=commerce&ei=UTF-8&fr=auc_item
wonder-322.jpg
ヤフオクは事前に利用登録が必要です。支払いなどの流れはヤフオクの手引きを参照。
http://special.auctions.yahoo.co.jp/html/guide/
ヤフオクの欠点は相手が個人なので、入金して発送まで数日かかることがあります。

ヤオフクでの購入手順
・入札する前に、出品者の評価に必ず目を通します。
出品者が新規の場合は、詐欺のことがよくあります。オークションは運もあるので、普通に長期にわたって
出品していた人が、お金に困って詐欺行為に出ることもありますが、1つでも商品を送っていないなどの
評価があったら、決して入札しないこと。

・落札する。
My cardは定額ですぐ落札できます。出品者からのメールをよく読んでおきましょう。

・支払いをする。
支払い方法を決めて取引ナビで送金の手続きをします。住所氏名などの個人情報は出品者に自動的に開示されます。実際に送金をし、取引ナビでの手続きを完了させます。

・MyCardのシリアルとパスワードが取引ナビで送られる。
ゲーム内で課金できれば完了となります。


SEA GamerMall(シー・ゲーマーモール)購入方法

多数のゲームカード(マネー)を扱っているサイトでマレイシアに会社があります。
https://www.seagm.com/ja/mycard-taiwan-hongkong
このサイトはアカウント登録などの操作を繰り返し誤っていると、Slow down login you notty boy!とか出て怒られてしまい、30分から1時間操作ができなくなります。「少年よゆっくり操作しなさい!」という意味でしょうけどこういうのも海外サイト固有ですね。放置すれば操作可能になります。

○メリット
アカウント、Paypalの登録さえ終われば1、2分で購入でき待ち時間はありません。
完全に機械処理で人の手は通しません。銀行振込みは使えないが銀行の営業時間に一切左右
されないため、土日夜間関係なく取引ができます。
ヤフオクのように個人間取引ではないため、詐欺の可能性は低いでしょう。Paypalは詐欺取引を
常にチェックしています。複数のユーザーからクレームが入ると、決済を止められます。
○デメリット
サイトが一応日本語対応はしているが翻訳が直訳でわかりずらい点があること。アカウント登録の
手間は結構かかります。携帯電話認証が必要ですが、現状持っていない人はほとんどいないと
思います。

決済はPaypalによるクレジットカードか、デビットカードによる決済になります。ヤフオクより
安くは買えます。
クレジットカード、デビットカードを所持していないときは以下のJNB(ジャパンネット銀行)の
VISAデビット付きキャッシュカードがお勧め。
http://www.japannetbank.co.jp/account/index.html?cr=top_oc01
15歳以上で未成年でも親の承諾も必要なく申し込めます。

ヤフオクが500ポイントと1000ポイントのカードしか扱ってないのに対して、こちらは50ポイント
から10000ポイントまで幅広い価格のカードを購入できます。

現状ヤフオクで1000ポイント4400円のMyCardが3861円で購入できるため、539円の差があります。
手数料は、表示価格の3%+50円です。
表示価格は台湾ドル換算で表記していましたが、換算は変動しています。
https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/convert/?a=1&s=TWD&t=JPY

人の手を一切介さず、サイトへの会員登録とPaypalの決済のみで購入でき、しかも会員サイトで
すぐにMyCardのシリアルとパスは確認できます。慣れれば1、2分で購入できます。
購入手順については、順次このサイトを直していきますが、各自試行錯誤してやってみてください。

まずはPaypalにクレジットカードなどを登録します。登録はすべて日本語で可能です。氏名住所なども
すべて漢字で登録してください。デビットカードは200円以上の口座残高が必要です。
パーソナルアカウントで登録します。
https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/home?dclid=CMyXidWvjdgCFUEZKgod3zQKXg

なおPaypalは「カードの確認」を行い200円の小額請求をした上で、カードの利用制限を解除します。
カードの利用明細に「PP*1234」などと載ります。後ろの4桁の数字が確認コードです。これをPaypalに
入れて確認が終わると利用制限が解除されます。200円は24時間以内にカードに返金となって
います。三井住友カードのように確認コードが明細に載らない場合がありますが、これは三井住友カードは
カード会社に聞けば教えてくれました。イオンカードは利用店舗名にPP*1234CODE、という具合に直接載って
いました。

SeaGamerMallはカードの確認をし、利用制限を解除しても更に24時間程度経たないと、「SeaGamerMallの信用点数がゼロである」と出てエラーになり、課金ができなかったり数千円しか課金ができないことがあります。一時的なものですがリミッターをかけているようです。カードが無効になったかと焦りましたが1日程度待ってみましょう。

次に以下のサイトを参考にして、SEA GamerMallのアカウントを取得します。
ガンダムオンライン台湾版 WIKIですが、ここも課金にMyCardを使います。
https://www65.atwiki.jp/msgo_tw/pages/45.html
ここでの注意点は、名前のフルネームはPaypalで登録したものと一致している必要があります。
漢字ならそれで名前を登録します。その他の住所などは適当でも構いませんが、あまり適当だとカードの
不正利用などの事故があったときに照合ができないので、市町村名くらいまでは入れておきます。
電話番号は認証用の携帯電話で、先頭のゼロは除いて登録します。固定電話は不可。
1度確認用のメールが送られるので登録を完了させます。

次にPaypalアカウントで実際にMyCardを購入します。
https://www65.atwiki.jp/msgo_tw/pages/46.html
購入したいMyCardを選択し、Paypalのボタンを押します。
https://www.seagm.com/ja/mycard-taiwan-hongkong

Paypal決済の直前に、携帯のSMSが認証が必要になるのでスマホかガラケーが必要になります。
SMSが受信できないときは、携帯電話の会員サイトから「海外のSMSの受信を許可する」するが可になっていることを確認してください。
認証コードは数字7桁なのでサイトに入れると決済が終わり「支付成功」と出ればOK。
決済はすべて日本円で行われるため、安心です。

あとは、SEA GamerMallのトップページの「登録した自分の名前」が出ているところをクリックし、
「私のゲームカード」を選びます。STATUS が NEWになっていることを確認後、Retrive cardのボタンを
押します。ログイン時のパスワードを入れると、
Card NO(シリアル)、PIN(パスワード)を表示します。これをゲーム内で入れることにより、課金が完了します。
wonder-321.JPG

なおSMS認証用コードとCard番号のパスワードの入力は、続けて購入する場合は略せますが、1日程度空ける
とまた必要になります。
50ポイントが手数料込みで242円、150ポイントが624円で購入できました。

以下余談になりますが、
台湾WLOを始めた頃は、中華系の別の輸入代行サイトを使ってMyCardを購入していました。
MyCardは無形でシリアルをメールで送るだけなのに、氏名住所、電話番号などすべての個人情報を
要求されました。店主が疑い深く神経質でした。
しかもPaypalの名前を誤って登録したところ「偽名など不正利用の疑いがある」と返金され、
今後2度と取引はできないと言って来ました。完全に客扱いしていないどころか不審者扱いです。
当時MyCardは1000ポイント5000円以上で高く、こんなことは初めてでした。
ヤフオクにも過去出品していたが、匿名、偽名の可能性がある、かんたん決済は利用できないことが
あると妙なことも書いていました。ヤフオクは当時は匿名取引も可能でした。今は出品はやめています。ヤフオクは現状取引ナビの仕様に大幅な変更があり、匿名での取引はできないようになっています。

その後ギルドメンバーに別のサイトを紹介してもらい、これも輸入代行サイトでしたが、
店主はとても親切で気さくな人でした。個人情報も氏名(銀行振込のときの照合に必要)とメールアドレス
のみで応じてくれています。今後も取引は続けるつもりです。
MyCardだけを扱っているわけではなく主体は台湾のお土産などを扱っています。個人的な付き合いでも
あるし、このサイトに紹介はしていません。

ヤフオクは1度、姓を誤ったが訂正して取引はしてくれました。SEA GamerMallはPaypalの
名前とSEA GamerMall会員登録の名前が相違すると、SMS認証でエラーになるので訂正できます。


注文したあとは

シリアル番号、パスワードをヤフオクはメールで知らせてきます。
ヤフオクの取引ナビは以下のとおり。
wonder-224.JPG

ヤフオクの取引ナビは暗号化されている点では安心ですが、これも早めにポイントにしましょう。
SEA GamerMallはサイトからのシリアルとパスをコピペして、ゲーム内に入れます。

カードを直接発行するわけではありません。
これは日本でベクターのWLOでは「ワンダーシリアル」という方法で課金することがありました。
それと同じです。
チャージの方法は、ゲーム内でシステムウィンドウを開き、右下の10個のボタンのうち、左側の
上から4つめのボタン「儲値○○」というボタンを押します。
wonder-216.JPG

ここでメールで知らせてきたIDとパスを入れます。コピー後、CTRL+Vで貼り付けできます。
確定ボタンを押すとIDとパスワードのチェックが行われ、正しければ課金完了です。
課金方法は以下の画像では3通りあるようですが、My Card以外であってもシリアルとパスワードを
いれるのは同じでしょうから、プリペイドカードの種類が異なると思います。
wonder-222.JPG

課金が成功するとウィンドウの上と会話域にポイント数が表示されます。
ポイント数は、右下の10個のボタンのうち「右側の上から3つめの「査駒○○」というボタンで確認できます。
wonder-219.JPG

有料アイテムの日本円換算について

1000ポイントで約5000円としてアイテムの日本円価格を計算してみます。1ポイント約5円という計算。

450ポイントのカードの換算は1ポイント5.44円、150ポイントのカードは5.67円で若干高くなります。
台湾の有料アイテムは、消耗品の一部は日本版より安く、武器などの耐久品は高い傾向があります。
以下は有料アイテムの一部です。

有料アイテム換算表
アイテム名 ポイント数 日本円換算 WLO当時
の日本価格(WP)
修理レンチ 220 1100円 900
接着剤 30 150円 150
月牙長弓BOX 260 1300円 650
強化チケット 50 250円 250
錬功島チケット(6時間) 35 175円 600
魅力磁石 220 1100円 900
HP400回復のケーキ 3 15円 40
脱出ボタン 8 40円 100
金菩薩 32 160円 200
GPSと拡張メモリのセット品
(衛星定位組合包)
220 1100円 両方で1500
メイドロボと知恵のチップの
セット品(女僕組合包)
285 1425円 両方で1500
転職の魔法鏡 320 1600円 1200
騎乗用の鞍(全種類) 300 1500円 900
遺忘の巻(仲間用) 30 150円 100

日本語版になかったものとしてメイドロボ+知恵のチップのセット品、GPS+拡張メモリの
セット品が販売されています。単品でそれぞれ買うより安く、お勧め。

参考までに、月牙長弓を買って+6まで強化すると、
月牙長弓が260ポイント+(強化チケ21枚X50ポイント=1050ポイント)=1310ポイント
X4円=5240円、という具合で、相変わらずお金のかかるゲームです。
修理レンチ、強化チケはよいとして、月牙長弓BOX、メイドロボ、日本の2倍近い価格です。
但し値引くセールは時々やってるので、こまめにゲーム内のショッピングモールは見ましょう。

月牙長弓は+3まで強化すると敵の弓耐性を貫通できるので+3まで強化しました。
月牙長弓BOXは208ポイント、強化チケは40ポイントにセール中だったので(2014/12/23時点)
強化チケ6枚で240ポイント、計448ポイントで、当時450ポイント2300円のMy Cardでぎりぎり足りました。

有料アイテムでの強化試算

有料アイテムを使って「廃人」と言われない程度の強さに強化を考えてみました。
いくらかかるのかを試算したものです。

PC、NPC関連
・PCまたはNPC用武器 ATKまたは、MATK 270P
・PC用功夫服または翔羽の服 240P
・功夫服または翔羽の服、武器用強化チケット各10枚、計20枚(+4) 1000P
・NPC用ステータス振替用巻物20個 600P
・騎乗鞍 ATK、SPDなど 300P
・友情バッジ 250P
・錬功島チケット10枚(60時間、ペット育成など)350P
計3010P

その他
・メイドロボ+知恵チップのセット品 285P
・修理レンチ 220P
・計505P
合計 3515P 日本円17575円(1000PのMy CARD約5千円として)
2割引のセールは時々やっています。3005P、15025円で購入できるので、大幅な節約になります。

あれば便利なもの
・GPS、180P
・魅力磁石 220P
計 400P 日本円2000円

功夫服、翔羽の服と強化チケット、修理レンチなどは不要と考える人もいると思います。
クエストなどを消化し、20ステにも参加すれば、消耗する武器や装備も出てきます。

金銭感覚は人によって異なるので、以上でも十分に廃だ、という人もいるでしょう。
無課金者には、とんでもない金額に見えるはずですね。
今まで5万10万とネットゲームに、つぎ込んできた人には、安いと思う人もいるかも知れません。
個人的な主観です。

強化はきりがありませんので、+4で止めてみました。武器は+10、要するに強化チケット55枚まで強化できます。
金剛石、オーラ丸薬などは除いてあります

有料アイテム雑感

台湾では、課金装備を付けているキャラはほとんどは転職者です。
ニナの初期服で月牙長弓を付けていて、歩いていたら目だったのか、
私の目の前で強化チケの露天を開いた人がいました・・・。
日本では初期服+課金装備は当たり前のように見ましたが、台湾ではそうではないようです。
月牙長弓は装備の弓の中では色も違い、最も大きいので、かなり目立ちます。
wonder-131.JPG

画像の状態で私はいつも歩き回っていますが、新人らしき2人から内緒があって、弓という
単語は含まれていたのでこの弓のことを聞いてることはわかりましたが、中国語はわかりませんから
返事はしませんてでした。
後で、翻訳しててみたら、
「その弓はどうやって手に入るのか」
「その弓は合成で造ることはできるのか」
という内容で、付けている人が少ないというのはわかっていましたが、何だかなーという感じでした。

課金アイテムではないのですが、以下のような画像の服で狩りをしていたキャラがいました。
合成で造れる服でも見たことがなく、PT正装でも課金の服でもありません。
イベント時に出た服なのかも知れません、情報がありましたらコメントページにお願いします。
wonder-223.JPG
ギルメンの情報により合成で作れることが判明しました。有難うございました。(2017/12/26)

回復アイテムはかなり安いので、レベルアップには使えそうです。
錬功島チケも安いのですが、これは代行業者の利益も当然含んでいます。
台湾の通貨は台湾元です。為替サイトの説明によると
1元=約4円なので、1000元ポイントのMy Cardは日本円で4000円という計算です。950円が儲け。

台湾ではコンビニのセブンイレブンが5000店舗もあり、オンゲーの課金はほとんどがプリペイドカード
によって行われています。
台湾の2014年度の大卒初任給は2万5000元(87000円)程度ですから、日本の大卒が20万円以上
なのに比較すると、日本の約43%という計算です。
日本の1000円は台湾の2000円以上に相当するわけで、有料アイテムは決して彼らにとって安くは
ないでしょう。


  • 最終更新:2018-01-09 00:37:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード